気になる物。おもしろそうな物。おもしろそうなこと。
お知らせ

デジタル一眼レフ購入を機に新たに写真ブログを作りました。
RAINBOW OF DREAM どうぞよろしくお願いします。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大学病院ってなんだ大学病院ってなんだ
(1998/03)
毎日新聞科学部

商品詳細を見る

大学病院ってなんだ

最近よくテレビで医師不足の特集をやってたりします。
これは地域で差があると思います。例えば東京などはそれほど不足してはいないのではないだろうか。
この本は文庫になったのが1998年なので実際に書かれたのはもう少し前なんだろけど、当時から医師不足などといわれてたのだろうか。

私の住むとこは、それほど大きくはないですが、最近個人病院の開業が何件かありました。そう考えるとこのへんでは特に医師不足ということではないのだろう。
でも医師といっても特に産婦人科が深刻だといってるので、そう考えると最近できたのも、内科だったり整形外科だな~
ちなみに私は家生まれです。助産婦(今は助産師ですね)さんにとりあげられました。3人兄弟ですが全員家生まれ。小学校の時に友達の1人が病院生まれだと聞いて、
「オレ、家なんだよな~」と言えなかった。当時は病院が普通なのかなんて思ってました。
でも同級生の半分くらいは家生まれだったりして。今度同窓会があったら聞いてみようかな。
今でも少ないでしょうが家生まれの子はいますよね。

あと医師は激務なんじゃないかなと思う。
この本に出てくる救命救急センターで働く救急医は2年目でやっと月1回の休みと書いてある。これでは医療事故なんかも起こって当然だと思う。救急医は今でもこんな勤務体系なんだろうな。たしかにこれでは救急医をめざす人は少ないな。
まあこれは特別としても日中は外来や入院患者の対応、そして当直をこなして、翌日また勤務なんてのは結構あるのだと思う。
逆に比較的楽な科として皮膚科、耳鼻科、眼科等があるみたい。緊急性少ないからと書かれてます。

最後に今テレビでやってますが、医龍2はおもしろく観ております。

初めて訪問された方へ
マウスを写真に合わせると拡大し、マウスを外すかクリックすると写真が元に戻ります。

拡大すると横800×600サイズです
s-DSCF5964.jpg
どっか悪いとこないですか?

富士フイルム FinePix A500
スポンサーサイト

関連タグ : 医龍2,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。