「凶気の桜」を読んだよ

ここでは、「「凶気の桜」を読んだよ」 に関する記事を紹介しています。
お知らせ

デジタル一眼レフ購入を機に新たに写真ブログを作りました。
RAINBOW OF DREAM どうぞよろしくお願いします。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
凶気の桜 (新潮文庫) 凶気の桜 (新潮文庫)
ヒキタ クニオ (2002/08)
新潮社
この商品の詳細を見る


凶気の桜
何年か前に窪塚洋介主演で映画になりましたが、話題になってる時に読むのもしゃくなので今頃になって読みました。
話は渋谷を舞台にしたネオ・トージョーと呼ばれる3人の若者とヤクザが絡んでくるというもの。
この小説はリアリティがあり、なんかコワイ。
映画は観てませんがきっと窪塚洋介はハマリ役だったんじゃないかなと本を読み終えて思った。

ヒキタクニオさんのものは2冊目ですが、前読んだ「鳶がクルリと」という鳶職の物語の方がおもしろかったかなー。

初めて訪問された方へ
マウスを写真に合わせると拡大し、マウスを外すかクリックすると写真が元に戻ります
s-DSCF4287.jpg
陽が射す

富士フイルム FinePix A500
スポンサーサイト

関連タグ : 窪塚洋介,

コメント
この記事へのコメント
播節さんへ
そうですね、この不気味な雲から何かが舞い降りてきそうな雰囲気もあります。
もう少し光がはっきりと見えるとキレイだったんだろうな。
2007/09/25(火) 14:17 | URL | yumenoniji #SFo5/nok[ 編集]
hayaokiさんへ
ここはオートキャンプ場です。隣にグランドがあり、そこでフリスビードッグの大会をやってたので撮りにいってきました。その様子はまた近々にでも。
晴れてたんですが山沿いなので、あっという間に不気味な雲がわいてきました。
2007/09/25(火) 14:12 | URL | yumenoniji #SFo5/nok[ 編集]
「凶気の桜」は映画化された時に話題になり覚えています☆

雲の切れ間から差し込む光は
なんだか天使が神の使いで降りてきそうですね!
2007/09/24(月) 23:34 | URL | 播節 #-[ 編集]
え~と本の方は毎度の事でオテアゲなのですが、最近窪塚洋介を見ませんね。どうしているんだろ?まあいいか。

写真はキャンプ場ですか? キャンプしていて、この黒い雲はイヤだな~^^;
2007/09/24(月) 20:42 | URL | hayaoki #WzzJX4NY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。