オキシライド乾電池での実験報告

ここでは、「オキシライド乾電池での実験報告」 に関する記事を紹介しています。
お知らせ

デジタル一眼レフ購入を機に新たに写真ブログを作りました。
RAINBOW OF DREAM どうぞよろしくお願いします。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たしかにオキシライド乾電池はスゴイ。あまりフラッシュを使わなかったせいもあるんでしょうが、150枚ほど撮れた。(説明書ではアルカリ乾電池で約100枚)今までダイソーで4本105円で買ってたアルカリ乾電池はせいぜい40枚。この差は歴然。ただオキシライド高いです。2本で310円だった。

ということでオキシライドを使えばたしかに説明書の枚数は撮れる。でも説明書にはアルカリ乾電池となってるではないですか。ここはメーカーに電話してみようと思いかけてみた。いろいろと状況によって違いが出てしまうみたいなことを言ってました。そんで普段は三洋電機のeneloopを使ってると言うと、では今度はそれであまりフラッシュなどを使わず、なるべく連続で撮ってみて下さい。とおしゃった。それでもダメなようでしたら修理に出してもらえますか、だと。そうかそんなに言うなら近いうちにeneloopで昼間なるべくフラッシュを焚かずに撮ってやろう。こうなりゃとことんやってやろうではないか。

s-DSCF1263.jpg
今日は近くにあるダム湖で写真撮ってたわけなんですが、熊です。野生のツキノワグマ初めて見ました。それも泳いでる姿。100mくらい先です。ズームが光学3倍なのでこれが精一杯。デジタルズームにすればもうちょいでかくなるけど、画像が粗くなってしまうし。こういう時はやっぱりこの記事で書いたような倍率かもしくは最近光学10倍なんていうコンパクトデジカメも出てきてるし。こういう場合では倍率あって良かったってことになるんだろうね。
マウスを写真に合わせると拡大し、マウスを外すかクリックすると写真が元に戻ります。

富士フイルム FinePix A500

スポンサーサイト

関連タグ : eneloop, ツキノハグマ,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。