「日本の川を旅する カヌー単独行」を読んだよ

ここでは、「「日本の川を旅する カヌー単独行」を読んだよ」 に関する記事を紹介しています。
お知らせ

デジタル一眼レフ購入を機に新たに写真ブログを作りました。
RAINBOW OF DREAM どうぞよろしくお願いします。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の川を旅する―カヌー単独行 (新潮文庫) 日本の川を旅する―カヌー単独行 (新潮文庫)
野田 知佑 (1985/07)
新潮社
この商品の詳細を見る

日本の川を旅する カヌー単独行
久しぶりのノンフィクションである。

初めの頃は犬といっしょにカヌーに乗ってなかったのですね。
北は北海道から南は九州まで、いろんな川に行ってること。
釧路川
尻別川
北上川
雄物川
多摩川
信濃川
長良川
熊野川
江の川
吉井川
四万十川
筑後川
菊池川
川内川

この本は1982年に最初に出てそれから1985年に文庫になってます。
この本によると多摩川はずいぶんと汚れがひどい川だったようですね。今ほど環境問題もうるさくなかったのかな。公害、スモッグなんか結構あった時代だと思うんだけど、まだそこまでみんなの意識が高まってなかったんだろうか。
今ではそんな多摩川も鮎がのぼるなんてニュースを聞いたことがあるので、以前よりはだいぶいい環境になってるんだな。

それから当時カヌーをやってる人が3000人ほどと書いてありましたが、そんなしかいなかったのか、ホントにマイナーなものだったんですね。

この方の本は初めて読んだのですが、なんか男が書いた文章だぞという感じでいいです。ちょっと荒っぽくも感じますが、その辺もいいとこです。

初めて訪問された方へ
マウスを写真に合わせると拡大し、マウスを外すかクリックすると写真が元に戻ります。

s-DSCF5384.jpg
蜂かな~アブかな~どっちだろ
どっちにしろ花が少なくなってきたから食料集めが大変そう。

富士フイルム FinePix A500
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ペペロンチーノさんへ
たしかに虫、見なくなりました。
でも花が咲いてるとこだと、かろうじて蝶や蜂などが食料を探し回ってます。
手ごろな被写体なので最初に撮ったのが花だったか虫でした。
2007/11/14(水) 19:02 | URL | yumenoniji #SFo5/nok[ 編集]
hayaokiさんへ
カヌーでのんびりと川下りなどは優雅でしょうね。
あくまでもゆるやかな川での話しですが。

環境問題に関心のある人が増えてきたり企業も環境対策ぬきでは今の時代難しいので、見た目にはキレイなってきてるんでしょうね。
2007/11/14(水) 18:56 | URL | yumenoniji #SFo5/nok[ 編集]
これからだんだん寒くなり花も減ってくると
昆虫たちもめっきり減りますね~。
最近あまり撮ってないけど、昆虫は好きな被写体なんですよね。
2007/11/14(水) 14:43 | URL | ペペロンチーノ #-[ 編集]
ワタシの義父が定年になって、カヌー教室に通っているらしいのですが面白そうだなって思ってました。ワタシはなかなか出来ませんが・・^^;

東京あたりも環境が相当良くなっているらしいですね。鮎が登る話はワタシもどこかで聞いた記憶があります^^

2007/11/13(火) 20:26 | URL | hayaoki #WzzJX4NY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。