「カリスマ 下」を読んだよ

ここでは、「「カリスマ 下」を読んだよ」 に関する記事を紹介しています。
お知らせ

デジタル一眼レフ購入を機に新たに写真ブログを作りました。
RAINBOW OF DREAM どうぞよろしくお願いします。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カリスマ〈下〉 (徳間文庫) カリスマ〈下〉 (徳間文庫)
新堂 冬樹 (2004/03)
徳間書店
この商品の詳細を見る

この物語のカルト教団「神の郷」はオウム真理教をモデルにしたものなのでしょう。
それにしても、すさまじい物語です。

私は宗教ってなんだろう?と思ってるので、こういう本は気になって買ってしまうのですが、人が洗脳されていく様子などは、まさにこの物語に出てくるようにして行うのだろう。
食事以外の20時間にも及ぶ修行。就寝時もヘッドホンによりマントラが流されての浅い眠り。等々。怖いなー

ちょっと前に自己啓発セミナーなんてのが流行ったことがありますが、一回だけ参加したことがあります。もちろん自分の意思ではなく、その当時勤めていた会社の人からの紹介で「良かったから行って来い」と言われ(といってももう紹介された時はやめてたんですが)参加費が5万くらいだったかな。高い。でもその1回だけ支払えば、2回目以降は無料だったような。

セミナーが始まると「俺は自信満々だ」という感じの方が現れ、何かをしゃべっていた。内容は忘れてしまったが、あんまりいい気分ではなかった。不愉快に感じる方は「どうぞ自由に会場を出て行って下さい」と言う言葉で何人かが出て行った(200人くらいはいたと思う)
まあその言葉で会場を去ろうとも思ったが、そこではちと我慢してみました。私のように思った方は結構いたと思う。でも大半の方が会社から行って来いといわれたんだろうな、と今から思えばそんな気がする。もしかしたらセミナー代とかも出してもらってたのかも。

やはり自己啓発セミナーなので今の自分を変えていくみたいな内容なのだが、突然カーテンがしまり、暗い部屋に怪しい音楽が流れてきた。
「自分の嫌なところを隣の方に話してください」みたいなことをセミナー隊長が言う。心のなかでは「なんなんだこれは、宗教か?」なんて思いながら、いつ会場を出てやろうかとばかり思っていた。
まあ次から次と訳のわからないことをやらされ、一日がようやく終わった。次の日は当然行かなかった。

こういうのは本人が今の自分を変えてみる。という強い気持ちがないとダメなんだろうね。私みたいに、あるいは会社命令でいやいや来てた人などは変わらないと思う。

一時ブームだったあんな感じの自己啓発セミナーって今もあるのかな。

マウスを写真に合わせると拡大し、マウスを外すかクリックすると写真が元に戻ります。
s-DSCF2475.jpg
セミの羽化場。

富士フイルム FinePix A500
スポンサーサイト

関連タグ : セミナー,

コメント
この記事へのコメント
まるで羽化場のマンションですね。朝早くだと実際に羽化している所を見れるのでしょうね^^

そういったセミナーは行った事ありません。5万とは高いですね。個人ではゼッタイ行かないですね。
しかしそのセミナーに真面目に取り組んでいる人もいたのでしょうね。もし宗教がらみだと、真面目な人ほど入信しちゃうのでしょうか・・
いずれにしても、ワタシにはあまりわからない世界です^^;
2007/07/25(水) 01:21 | URL | hayaoki #WzzJX4NY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。