「虚の王」を読んだよ

ここでは、「「虚の王」を読んだよ」 に関する記事を紹介しています。
お知らせ

デジタル一眼レフ購入を機に新たに写真ブログを作りました。
RAINBOW OF DREAM どうぞよろしくお願いします。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
虚(うつろ)の王 (光文社文庫) 虚(うつろ)の王 (光文社文庫)
馳 星周 (2003/09)
光文社
この商品の詳細を見る



虚の王
まず虚ろの意味、これがわからなかった。辞書で調べると
内部がからであること。からっぽ。 心が虚脱状態であること
この意味がわかってればなんとかく小説の内容も理解できたかも。

最初、後ろの背表紙にあるあらすじを読んだ時は、やくざと高校生が作った売春組織の争いごとを書いたものだと思ってましたが、読み進めていくうちにそんな単純な話ではないなと感じる。
おおまかな流れは上に書いたような内容ですが、出てくる人物がオソロシイ。売春組織を仕切ってる高校生「渡辺栄司」一見まじめな優男。なおかつ頭もいい。でも精神は異常。何もおそれず、何でもする、殺すこともためらわない。やられたらやり返す、たとえやくざでも。

ただ単に争いごとの小説だったら、読み終えたあとにすっきりすることもあるけど、これは寒気がするような小説。

初めて訪問された方へ
マウスを写真に合わせると拡大し、マウスを外すかクリックすると写真が元に戻ります。

s-DSCF3355.jpg
ある日の八海山。

富士フイルム FinePix A500



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ペペロンチーノさんへ
訪問とコメントありがとうございます。
自分なりにおもしろかったり、いいねと思う写真が撮れればと思ってます。
私もまたおじゃましたいと思います。
2007/09/02(日) 11:29 | URL | yumenoniji #SFo5/nok[ 編集]
ご訪問ありがとうございました。
なかなか雰囲気のあるいい感じの写真ですね~。
また寄らせて頂きま~す。
2007/09/01(土) 11:07 | URL | ペペロンチーノ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。